ベイブレード歴代ドライガーシリーズ一覧と簡単解説

ベイブレード歴代ドライガーシリーズ一覧と簡単解説


この記事ではベイブレードの歴代ドライガーシリーズをまとめた上で簡単な歴史や解説を加えて紹介しています。

ドライガーシリーズをざっくり知りたい方向けの内容になっています。

どんなベイ?

ドライガーはバランス・アタックタイプの右回転ベイです(HMSは両回転)。シリーズを通してタイプが統一されている他の四聖獣ベイと違い、ドライガーはバランスタイプとアタックタイプのものがあります。

基本性能としてはアッパー攻撃を得意とするものが多く、軸先はメタル素材(ドライガーMSのみプラスチック)で、機動力と持久力を兼ね備えたベイになっています。

使い手

使い手はタカオのライバルであり友人のブレーダーのコン・レイ(金李)です。冷静かつ、スピードとテクニックを活かしたバトルで数々の強敵と渡り合っています。タカオと同じBBAチームに所属していますが、Gレボリューションではチームを離脱し、故郷の白虎族の仲間とともにタカオのライバルとなる道を選択します。

ドライガーS(スラッシュ)

初代ドライガーで、スピンギアシリーズから出始めたモデルです。軸はメタルチェンジ軸を採用しており、傾斜のついた軸形状によってスタジアム中央で持久、外周で攻撃の軌道に変化します。爆転シリーズの初期ごろのベイの中でも特に性能が高い名機。

バトル中に臨機応変に軌道が変わるためどのような相手にも対応できますがその分シュート時のコントロールが求められるので思った通りの軌道にするにはある程度慣れが必要です。

アタックリングは曲線形状で受け流しに強いため持久系や防御系のカスタムに使われることがあります。

ランブー収録の常連でもあるためカラーバリエーションも豊富です。

ベイブレード ドライガーS

ドライガーF(ファング)

2代目ドライガーでスピンギアシリーズ第2弾モデル。ドライガーとしては唯一の4枚刃アタックリングを搭載しています。軸先はメタルフラットで機動力が高くなっています。

最大の特徴はスピンギアとブレードベースが一体化したギミックで、高速回転時はブレードベースのクラッチが軸を固定して機動力がアップし、低速時はクラッチが解除され軸がフリー回転して持久力が高まります。

ベイブレード ドライガーF

ドライガーV(バルカン)

マグネシリーズに進化した、3代目ドライガーです。ドライガーシリーズは基本バランス型なのですが、Vは公式で攻撃型設定になっています(ドライガーシリーズで攻撃型設定はVGのみ)。

内部のS極マグネによって、スタジアムのマグネに反発し軌道が変化します。ブレードベースは設定状メタルフラット軸ですが、実際は先が細めなのでそこまで暴れまわらず、実質的にバランス型のような性能をしています。

ベイブレード ドライガーV

ドライガーV2(バルカン・ツー)

4代目ドライガー。マグネシステム第2弾のドライガー。アタックリングの刃とブレードベースについたサポートパーツの刃が一体化し、ベイ全体が巨大なアッパー刃を形成するという超大胆かつ強力なアッパー性能を搭載した機体。

軸先はドライガーSぶりのメタルチェンジ軸を搭載し安定感も抜群で、爆転シリーズの中でも特に性能の高い機体として数えられる逸品。

ベイブレード ドライガーV2

ドライガーG(ガトリング)

5代目ドライガー。エンジンギアシリーズとして登場した機体。こちらもV同様にバランス型のドライガーとしては珍しく攻撃型に設定されています。

ファーストクラッチベースによってシュート直後にエンジンギアが発動、序盤の加速力によって一気に相手を撃破する速攻型になっています。

アタックリングはドライガー唯一の3枚刃で、アッパー性能に優れた形状になっています。

ベイブレード ドライガーG

ドライガーMS(メタルスラッシュ)

6代目ドライガー。HMS(ヘヴィメタルシステム)の機体として登場。グレーが基調だったドライガーシリーズとしては珍しく本体がブラックメインになっています。

HMSリニューアルによってアタックリングの大部分がメタルになり、遠心力が飛躍的に強化されています。またアタックポイントはアッパーと受け流しをバランス良く搭載し、HMS初期のベイの中でも特に優れた性能として知られています。

ベイブレード ドライガーMS

ドライガースラッシュ.H.F(ヘビー・フュージョン)

ベイブレードバーストシリーズで復刻されたドライガー。バーストシリーズとしては初代、通算では7代目のドライガー。ランダムブースター4でレア枠として販売された他、予約限定の20周年記念セットにも収録されています。バースト復刻モデルの中でも一番最初に販売された記念すべきベイでもあります。

レイヤー(アタックリングに該当するパーツ)が新規で製作され、ディスク(ウェイトディスク)、ドライバー(ブレードベース)部分は既存のパーツから選出されています。

ドライバーのフュージョンはメタル軸ではないものの、フラット軸の中心に小さな突起があり、スタジアムの位置によって軌道を変えるという本家のメタルチェンジ軸に近い性能になっています。

ドライガーファング.0.Xt(ゼロ・エクステンド)

バーストでは2代目、通算では8代目のドライガー。ランダムブースター14のレア枠として販売された他、予約限定の20周年記念セットにも収録されています。

ドライバーには背の高さを切り替えできるエクステンドドライバーが採用されています。軸先はスラッシュで使われたフュージョンと同じく、フラット軸の中心に突起のついた形状になっています。

ドライガーバルカン.10R.W(テンリーチ・ウエイト)

バーストでは3代目、通算では9代目のドライガー。予約限定の2020Vセットに収録。

ドライバーは、本来はスタミナタイプ扱いのメタルボール軸を搭載したウエイトドライバーが採用されています。本家のドライガーVのあまり動き回らないため、その軌道を再現した結果となっています。

ちなみにバーストシリーズは「そのベイが付けているドライバーのタイプ=ベイ本体のタイプ」として扱われるため本来はスタミナタイプになるのですが、パッケージでは特別仕様としてバランスタイプ表記になっています(本家ドライガーVはアタックタイプでしたがバーストでバランスタイプに変更になっています)。

まとめ

いかがだったでしょうか。ドライガーはスピンギアシリーズからの参入のため他の四聖獣モデルに比べると数は少ないですが、水準以上の性能を持つ実用性の高いものが多く、相対的にシリーズ全体を通して強いベイという印象が強いです。

実戦用としても高い性能のものが多いので爆転ベイを始めてみたい場合にもオススメできるシリーズです。

シリーズの種類が少ないというのも、逆に言えばコンプリートしやすいというとらえ方もできるので、実際の性能や集めやすさを考えるとドライガーシリーズはかなりオススメできるかなと思います。


雑記カテゴリの最新記事