ベイブレードバースト 歴代ランダムブースターのレアベイ一覧 全種類を紹介!~超Zレイヤー編~

ベイブレードバースト 歴代ランダムブースターのレアベイ一覧 全種類を紹介!~超Zレイヤー編~

【前回】
ベイブレードバースト 歴代ランダムブースターのレアベイ一覧 全種類を紹介!~神レイヤー編~

この記事では、ベイブレードバーストのランダムブースターに収録された歴代のレアベイを紹介していきます。

今回は超Z(チョウゼツ)レイヤー編!レイヤーにメタルが内蔵され、バトルがさらに盛り上がったシリーズです。

アニメも第3シーズンの「ベイブレードバースト超ゼツ」が放送されています。

ランブーの発売数としては、神レイヤーシリーズの4種類からさらに増え、5種のランブーが発売されました。このシリーズからは毎年5種のランブーが出るようになっていきます。

では超Zシリーズのレアベイを見ていきましょう。

クラッシュラグナルク.11R.Wd(イレブンリーチ・ウェッジ)

2018年4月28日発売

B111 ランダムブースターVol.10収録

スタミナタイプ

レイヤー :クラッシュラグナルク
ディスク :イレブン
フレーム :リーチ
ドライバー:ウェッジ

開閉式のメタルウイングを内蔵したレイヤーや、上下の高さに攻撃ができるフレームを新規に搭載したスタミナタイプのレアベイです。

これまでスターターやブースターなどの単品で販売されていたラグナルクシリーズがついにランブー入りしました。

また、開閉のメタルウイングはレイヤー本体を振った際にカチャカチャと音が鳴りますが、ランブー封入時には防音対策がされていなかったため、箱を振ったときの音を聞くだけでピンポイントでサーチできてしまうという現象が起こりました。

アニメではこれまでのラグナルク使用者だった黄山乱太郎の弟の、黄山乱次郎が使用しています。

 

ヴァイスレオパルド.12L.Ds(トゥエルブリフト・デストロイ)

2018年7月14日発売

B118 ランダムブースターVol.11収録

アタックタイプ

レイヤー :ヴァイスレオパルド
ディスク :トゥエルブ
フレーム :リフト
ドライバー:デストロイ

上下に可動する鋭い牙を持つレイヤーによって、相手に噛みついて攻撃するという斬新なギミックを搭載したアタックタイプベイブレード。

他にも、上下をひっくり返してつけることができる新フレームも搭載されています。

レオパルド(豹)という猛獣のイメージをしっかりと再現した噛みつきレイヤーが魅力的です。

アニメでは野性的なブレーダーのラバン・ヴァノが使用。

 

デッドハデス.11T.Z’(イレブンターン・ゼファーダッシュ)

2018年10月20日発売

B125 ランダムブースターVol.12収録

バランスタイプ

レイヤー :デッドハデス
ディスク :イレブン
フレーム :ターン
ドライバー:ゼファーダッシュ

小さめのレイヤーにメタルを凝縮し、小型ながら重量級であることが特徴のバランスタイプベイ。

重量が高いため、攻撃・防御・持久の全能力に優れた万能型といえる性能になっています。

また、新パーツのターンフレームは上下をひっくり返して装着することで攻撃と防御のモードに変更できるため、相手によって性能を変えることもできます。

アニメではハーツが使用します。

 

エアナイト.12E.Et(トゥエルブエキスパンド・エターナル)

2018年12月27日発売

B130 ランダムブースターVol.13収録

スタミナタイプ

レイヤー :エアナイト
ディスク :トゥエルブ
フレーム :エキスパンド
ドライバー:エターナル

ランブー7のレアベイ・マキシマムガルーダのような、円形で大型のアッパーフォースレイヤーを搭載したスタミナタイプ。

ガルーダに比べてレイヤーのロックが硬くなったり、側面に傾斜がついたことによって攻撃的な性能もある程度兼ね備えた進化を遂げています。

他にも、アッパーフォースを生む大型円形のエキスパンドフレームも新規で収録され、空力効果によるスタミナ特化の構成になっています。

アニメでは、神シリーズに登場していたキットというブレーダーが成長して再登場し使用しています。

 

ドライガーファング.0.Xt(ゼロ・エクステンド)

2019年2月16日発売

B132 ランダムブースターVol.14収録

バランスタイプ

レイヤー :ドライガーファング
ディスク :ゼロ
ドライバー:エクステンド

爆転シュートベイブレードシリーズで登場したドライガーF(ファング)をバースト版でリバイバルした機体。

前回ドランザーフレイムがランブー収録されたのが2017年の12月だったため、それから1年以上経過して再びの爆転復刻になりました。

ドライバーは背の高さが切り替えできるバランスタイプで、本家のドライガーFとはまた一味違ったバトルが可能です。

久々の爆転リバイバルとして、ファンを熱くさせた機体です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

新たにメタル要素が加わったことでよりバトルが盛り上がり、さらにひとつひとつに個性的なギミックが搭載されることで魅力的なベイばかりですよね。

また、定期的に旧シリーズのベイをリバイバルして投入することで当時のファンもしっかり掴んでおくという売り方がうまいですね笑

ついつい購入してしまう魔力を持つランブーの歴史はまだまだ続きますよ!

次回はGT(ガチンコ)レイヤー編です。


歴代まとめカテゴリの最新記事