ベイブレードバースト 進化ギアとは 進化ギア一覧と解説

ベイブレードバースト 進化ギアとは 進化ギア一覧と解説

この記事では、ベイブレードバーストに登場する進化ギアについて解説・紹介しています。

進化ギアとは

進化ギアとは、ベイブレードバーストのDB(ダイナマイトバトル)レイヤーシステムに登場した、ベイブレード強化パーツです。

DBレイヤーシリーズの主人公機・ベリアル関連のレイヤー・ディスク・ドライバーにのみ装着できる追加パーツで、進化ギアを取り付けることにより重量や性能をアップさせることができます。

あくまでも「進化ギアはベリアル関連のパーツにしか取り付けできない」だけであり、進化ギアを取り付けたディスクやドライバー自体には互換性があるので、他のパーツと組み替えてカスタムすることは可能です。

進化ギアは、DBシリーズのバニッシュファブニル、セイバーヴァルキリー、アストラルスプリガン、ギルティロンギヌスにそれぞれ1つずつ同梱されており、ベリアルを完全体にするためにはこれらの商品も合わせて購入する必要があります。

 

進化ギアの種類


Fギア

Vギア

Sギア

Lギア

Fギア(ブレード装着パーツ)

B-185 バニッシュファブニル.Tp.Kc-3に付属

装備可能ブレード
・ダイナマイト
・デビル
・デンジャラス

ベリアル関連のブレードに装着できる進化ギア。

ファブニルの性能をイメージしたパーツです。

ファブニルシリーズ同様に3枚刃のラバーを搭載しており、ラバーによるバウンド攻撃や、逆回転の相手からの吸収力などがアップします。

 


ダイナマイトブレード、デビルブレードの下側に取り付けます。

以降は通常のDBレイヤーシステム通りコアやアーマーを装着するだけです。ローモードとハイモードの変更も可能。

取り付ける際のFギアの向きは固定されているため、取り付けの向きを変えて刃の露出を変更したりといった組み換えはできません。


Lギア(ブレード装着パーツ)

B-189 ギルティロンギヌス.Kr.MDs-2に付属

装備可能ブレード
・ダイナマイト
・デビル
・デンジャラス

ベリアル関連のブレードに装着できる進化ギア。

ロンギヌスの性能をイメージしたパーツです。

ロンギヌスのメタルドラゴンを彷彿とさせる3体の龍によって重量がアップします。

Lギアはアーマー扱いのため、Lギアを装着した場合は通常のアーマーは同時に取り付けることはできず、また、Lギアはハイモード専用になっています。

 


Lギアはハイモード専用のため、ブレードの上からかぶせるように装着します。

Fギア同様に取り付けの向きは決まっているので、うまく組めない場合は180度向きを変えてつけるとうまくはまります。

また、LギアはFギアと同時に取り付けが可能です。


Sギア(ディスク装着パーツ)

B-188 アストラルスプリガン改造セットに付属

装備可能ディスク
・ネクサス
・オールマイト(ディスク一体型ドライバー)

ベリアル関連のディスク・ディスク一体型ドライバーに装着できる進化ギア。

スプリガンの性能をイメージしたパーツです。

従来のコアディスク、フレームのようなシステムで、専用ディスクに取り付けることで重量や攻撃力を強化できます。

また、Sギアはリバーシブル構造になっており、取り付けの向きによって、ギアが固定される攻撃モードとギアがフリー回転する防御モードを選択することができます。

 


Sギアの内側に4カ所のへこみがあるので、ネクサスディスクあるいはオールマイトドライバーのディスク部分の4カ所の突起部分に位置を合わせてはめ込みます。

Sギアを表裏ひっくり返して取り付けることで、それぞれ刃が固定される攻撃モードと、刃がフリー回転する防御モードに変更できます。


Vギア(ドライバー装着パーツ)

B-187 セイバーヴァルキリー.Sh-7に付属

装備可能ドライバー
・ベンチャー
・オールマイト(ディスク一体型ドライバー)

ベリアル関連のドライバー・ディスク一体型ドライバーに装着できる進化ギア。

ヴァルキリーの性能をイメージしたパーツです。

軸先部分に装着することで、機動力や重量をアップすることができます。

また、Vギアをとりつけるとドライバー内部のバネが連動して縮むことで、ベイ全体のロックを固くする効果も持ちます。

 


ベンチャードライバーの下側に取り付けます。

 


Vギアはドライバー本体のバネと連動しており、装着するとギア側から本体のバネが押し付けられる状態になります。

これによりバネが固くなり、レイヤーを取り付けた際にロックが強化されバーストしにくくなります。

 


ベンチャードライバー本体の軸側の部分に穴があるので、そこにVギアのでっぱりを合わせます。あとはVギアを押し込んだままひねるとパーツが固定され取付完了になります。

また、外す場合は再度Vギアを押し込み、装着時とは逆方向にひねればOKです。

ただし、レイヤーを取り付けた状態だとバネが固くなっており押し込むことができないので、ギアを外す際はいったんベイを分解してから行いましょう。

 

基本重量

ギア名パーツ重量
Fギア05.7g
Vギア05.7g
Sギア04.5g
Lギア15.7g

 

ステータス

ブレード名攻撃力防御力持久力重量機動力バースト力
Fギア101000
Vギア000110
Sギア101000
Lギア201401

歴代まとめカテゴリの最新記事