ベイブレードバースト 歴代ランダムブースターのレアベイ一覧 全種類を紹介!~神レイヤー編~

ベイブレードバースト 歴代ランダムブースターのレアベイ一覧 全種類を紹介!~神レイヤー編~

【前回】
ベイブレードバースト 歴代ランダムブースターのレアベイ一覧 全種類を紹介!~デュアルレイヤー編~

この記事では、ベイブレードバーストのランダムブースターに収録された歴代のレアベイを紹介していきます。

今回は神(ゴッド)レイヤー編!アニメ第2シーズンの「ベイブレードバースト神」放映に合わせて続々と登場していきました。

シリーズ間の商品の登場数としては、シングル世代では2種、デュアル世代では3種が発売されましたが、今回はまた一つ増え4種のランダムブースターが発売されています。

ベイ人気も続き、より過酷な戦いになっていくランダムブースター争奪戦、それを乗り越えて入手できるレアベイたちを見ていきましょう。

トルネードワイバーン.4G.At(フォーグレイブ・アトミック)

2017年4月29日発売

B-80 ランダムブースターVol.6収録

ディフェンスタイプ

レイヤー :トルネードワイバーン
ディスク :フォー
フレーム :グレイブ
ドライバー:アトミック

ランダムブースターVol.6に収録されたレアベイ。

人気も高いメインキャラクターの小紫ワキヤが使用するベイで、これまでのワイバーンはスターターセットで登場するのが定番でした。

そんなワイバーンがランダムブースター送りになったことが話題となりました。

レイヤー外周の全体がフリー回転する超防御レイヤーや、大型のフリー回転ボール軸を内蔵したアトミックドライバーなどの新パーツを搭載したディフェンスタイプ。

フリー回転で相手の攻撃をいなしつつ、ボール軸で粘り勝ちする防御特化のベイになっています。

特にアトミックドライバーは性能が高く大会でよく使用されたこともあり、一時期は値段が高騰したこともあるパーツになっています。

アニメでは小紫ワキヤが使用。

 

マキシマムガルーダ.8F.Fl(エイトフロー・フリューゲル)

2017年7月15日発売

B-87 ランダムブースターVol.7収録

スタミナタイプ

レイヤー :マキシマムガルーダ
ディスク :エイト
フレーム :フロー
ドライバー:フリューゲル

ランダムブースターVol.7に収録されたレアベイ。

当時としては史上最大サイズの大型レイヤーや、アッパーフォースを生み出すフローフレームといった新パーツを搭載したスタミナタイプのベイブレードです。

爆転シュートベイブレードシリーズで最弱のネタベイとして名高いトライピオを彷彿とさせる形状によって、発表当時はネタパーツなのではないかと言われることもあったベイ。

しかし、実際には非常に高い性能を持ち、大会でも通用する有用パーツであることが判明し需要が一気に高まり値段も高騰しました。

これほど、前評判と実際の評価が覆るのは面白いですよね。

アニメでは、ガゼム・マダールが使用。

 

シェルターレグルス.5S.Tw(ファイブスター・タワー)

2017年10月21日発売

B-95 ランダムブースターVol.8収録

バランスタイプ

レイヤー :シェルターレグルス
ディスク :ファイブ
フレーム :スター
ドライバー:タワー

ランダムブースターVol.8に収録されたレアベイ。

新型のレイヤーとドライバーを搭載したバランスタイプのベイブレードです。

レイヤー、ドライバーどちらも回転力に応じて変形し、対戦中に性能が変化する万能型のパーツになっています。

アニメではソン・ルーウェイが使用。

 

ビートククルカン.7U.Hn(セブンアンダー・ハンター)

2017年12月28日発売

B-101 ランダムブースターVol.9収録

アタックタイプ

レイヤー :ビートククルカン
ディスク :セブン
フレーム :アンダー
ドライバー:ハンター

ランダムブースターVol.9に収録されたレアベイ。

対戦中ロックが進むことで変形するレイヤー、下に伸びた刃を搭載したアンダーフレームといった新パーツを搭載したアタックタイプベイ。

ラバー軸でキレのある動きをしつつ、厚みのあるレイヤーでガシガシと弾いていける強力な攻撃型です。

アニメではクルツ・バラティエが使用。

 

ドランザーフレイム.Y.Zt(エール・ゼータ)

2017年12月28日発売

B-101 ランダムブースターVol.9収録

バランスタイプ

レイヤー :ドランザーフレイム
ディスク :エール
ドライバー:ゼータ

ランダムブースターVol.9に2種目のレア枠として収録されたレアベイ。

爆転シュートベイブレードシリーズのドランザーFをバースト版でリバイバルしたモデルのバランスタイプです。

本家ドランザーFは3タイプの軸に切り替えできますが、バースト版もしっかりとそのギミックを再現しています。

爆転シリーズ全盛期のベイなので、世代の人には特に思い出に残っているベイブレードかもしれません。

そんなベイを現代で再び手に取る機会が与えられたのは嬉しいサプライズと言えるでしょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

神シリーズのランブーは大会でも通用するような有用パーツが多く、それも相まって値段が高騰し、これまで以上に入手が難しくなっていった、という印象です。

相変わらず在庫はすぐになくなる状態が続き、ベイ人気の高さがうかがえます。

そしてランブーの人気はまだまだ続いていきます。

次回は超Z(チョウゼツ)シリーズ編です。

【次回】
ベイブレードバースト 歴代ランダムブースターのレアベイ一覧 全種類を紹介!~超Zレイヤー編~


歴代まとめカテゴリの最新記事