ベイブレード ドライガーV2

ベイブレード ドライガーV2

基本情報

A-75 ドライガーV2(バルカン・ツー)
2002年8月発売
ブースター
マグネシステム
右回転
バランス型
金レイモデル
パッケージセリフ なし
性能
ステータス
(各パーツ数値合計)

攻撃力 防御力 持久力
8 4 7
マグネパワー
0
重量 35.8g
持久タイム 1分29秒55

パーツ紹介

アタックリング:アッパークロウ
2枚の大型アッパー刃で攻撃。左回転時はスマッシュ性能に変化。
ウェイトディスク:テンバランス
10角形のウェイトディスク。攻撃力や防御力をバランスよく強化する性能を持つ。
スピンギア:NEOライトスピンギア
右回転専用スピンギア。内部にメタルウェイトを搭載。
サポートパーツ:アッパーアタック
アッパー攻撃が可能なサポートパーツ。左回転時はスマッシュ性能に変化。
ブレードベース:カスタマイズメタルチェンジベース
 サポートパーツ対応ブレードベース。磁力を伝導するメタル軸搭載。シュート位置によって軌道が変化。

詳細

ループ状のウイングがアッパー攻撃を生む!攻撃、持久の変化技を得意とするバランスタイプのベイブレード。アタックリングとサポートパーツが一体化したウイングが脅威のアッパー攻撃を生み出す!また、メタルチェンジ軸によりシュート位置に対応して攻撃、持久の選択が可能なNEWドライガー!


ビットチップ

重量 0.7g

ビットファインダー対応ビットチップ。特殊な肉抜きをされており少し軽くなっています。


アタックリング「アッパークロウ」

ステータス
攻撃力 防御力 持久力
3 1 2
重量 5.7g

低位置からのアッパー攻撃が可能なアタックリング。キッズドラグーンやマスタードラグーンのアタックリング・アッパードラグーンと同じようにアタックポイントがウェイトディスク部分に重なるまで下に伸びているため通常のアタックリングよりさらに低位置から攻撃できます。さらに、左回転時はスマッシュ性能に変化。


ウェイトディスク「テンバランス」

ステータス
攻撃力 防御力 持久力
1 2 3
重量 15.3g

より円形に近くなることにより持久力がアップ。また、2カ所のアタックポイントにより攻撃力も上昇。


NEOライトスピンギア

ステータス
マグネパワー
0
重量 4.8g

旧システムのメタルウエイトより重量をアップしたメタルコアを内蔵し、ベイブレードの中心の自重を上げ攻撃力と防御力をアップ。磁力はありません。


サポートパーツ「アッパーアタック」

ステータス
攻撃力 防御力 持久力
2 0 0
重量 3.6g

サポートパーツ対応ベースに装着可能な2枚のアッパーウイング。ドライガーV2のデフォルトの組み合わせだとアタックリングのウイングとループ状に重なり、さらにアッパー性能をサポートします。左回転時はスマッシュ性能に変化。


ブレードベース「カスタマイズメタルチェンジベース」

ステータス
攻撃力 防御力 持久力
4 1 2
マグネパワー
0
重量 6.4g

ドライガーSと同じ、スタジアム位置によって軌道が変化するメタルチェンジ軸を搭載。スタジアム中央だと持久戦に特化し、スタジアムサイドでは外周を高速で移動する攻撃特化モードにチェンジ。さらに、軸は金属製のためマグネコアに付け替えればマグネパワーをスタジアム面に伝達することができます。


※パーツの重量は個人計測です。

コメント

非常に完成された優秀なベイブレードです。

サポートパーツと合わせることでベイ全体が巨大なアッパー刃を形成し相手をバシバシはね飛ばしてくれます。設計のバランスも絶妙で、大きなサポートパーツもギリギリまで床に接触しないようになっているので多少傾いても大丈夫です。

ただしメタルチェンジ軸はドライガーSに比べると少し暴れづらいかなという印象でした。この辺はスタジアムの斜面の角度にも関わってくると思いますが、スタジアムがなだらかすぎると攻撃軌道にしたいのにあまり暴れてくれなくて中央でおとなしくなってしまうことなどがあるのでその辺はちょっと難しいかもしれません。

しかし持久性能自体は安定していますし、かつ厚みのあるアッパー刃が壁の役割を果たすのでスタジアム中央で回っているときは防御型のような性能も期待できるので強いことには変わりありません。

総合すると攻撃防御持久全てが高水準のバランスで整っているだけでなくデフォルトで完成された性能を持っているため非常にオススメのひとつです。

対戦動画ピックアップ

第176回 ベイブレード ドライガー VS ドラシエル 後編 おまけつき
3:11あたりからバトル開始
歴代ドライガーとドラシエルの対戦動画。同じV2シリーズのドラシエルV2と対戦!鉄壁のアッパーで安定感のあるバトル!

アニメでの活躍

爆転シュートベイブレード2002

爆転シュートベイブレード2002第38話で初登場。キョウジュがドライガーVをバージョンアップさせた機体。

セント・シールズとの決闘でドランザーVがボルティックエイプとバニシングムートの2機がかりで襲われる中乱入し、ドランザーのサポートをする。しかしその時点で白虎の力を失っていたため、相手の聖獣のパワーに歯が立たず圧倒される。その後レイの想いに応え白虎が再び宿ったことで本来の力を発揮し、ドランザーと共にボルティックエイプ・バニシングムート両機を破った。

セント・シールズとの決闘後には、キョウジュが開発したマグネウエイトディスクを搭載することでさらに攻撃力が増した。その直後現れたザガートの配下・デニーのクラーケンベイと対戦することとなる。バトル中2機のクラーケンに襲われ劣勢に立たされるが、ゼオのゼロニクスがサポートに入ったことで一気に攻め込み勝利した。

ワールドチャンピオンシップ準決勝ではゴルドのブリザードオルトロスと対戦。スピードアタックをしかけるもののオルトロスに攻撃を当てることができず、体力を消耗する。その後オルトロスの猛攻を受け窮地に立たされるが、白虎の底力によって引き分けに持ち込んだ。

関連商品

関連記事

ドライガーシリーズ重量・持久力ランキング


ベイブレード紹介カテゴリの最新記事