ベイブレードバースト 歴代スプリガンシリーズ一覧と簡単解説

ベイブレードバースト 歴代スプリガンシリーズ一覧と簡単解説

今回はベイブレードバーストシリーズのライバルブレーダー・紅シュウが使用する歴代スプリガンシリーズを紹介していきます。

スプリガンをざっくり知りたい方向けの内容になっています。

どんなベイ?

スプリガンはもともとは右回転のバランスタイプでしたが、3代目からは左右両回転が可能なバランスタイプベイになっています。

バランスタイプらしくどのような状況にも対応できるのが特徴で、回転方向を選んだり、シュート位置によって軌道を変えたり、バトル前に軸を変形することで、相手に合わせて戦略を選ぶことができます。

使い手

使い手はバルトの親友でありライバルのブレーダー、紅シュウです。ベイへの努力を怠らない天才ブレーダーで、スプリガンを完全に使いこなしています。力を求めるあまり一度闇落ちしますがバルト達に救われ、現在はレジェンドブレーダーの1人となり、指導者としても活動しています。また、公式人気投票では圧倒的票数で1位になるほどの人気キャラクターになっています。

スプリガン.S.F(スプレッド・フュージョン)

初代スプリガン。バーストシリーズの元祖バランスタイプベイです。ベイロガー付きのDXスターターセットとして販売され、のちに廉価版のエントリースターターとしても登場しています。

攻防両立の形状のレイヤー、攻撃と持久に動きを変えるフュージョンドライバーなど、相手のタイプに関わらず自在にバトルできる万能型ベイ。

アニメ本編には未登場ですが、アニメ化の予告映像のパイロット版にて登場しており少しだけアニメでのバトル映像を見ることができます。

スプリガン.S.Fを詳しく見る

ストームスプリガン.K.U(ナックル・ユナイト)

2代目スプリガン。デュアルレイヤーシリーズで登場。ライトランチャー同梱のスターターセットとして販売されました。

レイヤーが2段構造になり、攻撃刃と防御刃の区別がよりはっきりした形状になっています。

ドライバーはプラスチックのシャープ軸の周りにラバーが覆われたユナイトドライバーを搭載。ラバーによる激しい動きとシャープ軸による持久的な軌道によって、先代のフュージョンドライバー以上にメリハリのある動きが可能になりました。

レイヤーのロックが緩めのため扱いは難しいですが、攻撃型ベイ相手にバースト勝ちするほどの爆発力も秘めています。

アニメではこのストームスプリガンからの登場になり、1期で蒼井バルトのビクトリーヴァルキリーや白鷺城ルイのロストロンギヌスをはじめとした様々なライバルと激闘を繰り広げています。

ストームスプリガン.K.Uを詳しく見る

レジェンドスプリガン.7.Mr(セブン・マージ)

3代目スプリガン。神(ゴッド)レイヤーシリーズで登場。バーストシリーズとしては史上初の左右両回転機構を搭載したことで話題を呼んだベイブレードで、スターターセットとして販売されました。ランチャーも左右両回転に対応したものが付属しています。次世代ワールドホビーフェア‘17Summerでは一般に先行して販売されました。

レイヤーは両回転できるだけでなく、中央には金属製のメタルゴッドチップが内蔵されており重量が高くなっています。

ドライバーのマージはユナイトと同じ構造ですがラバー部分がギザギザした形状になったため、より激しい動きが可能となりました。

アニメではベイブレードバースト神に登場し、紅シュウが使用していましたが、のちにレッドアイという謎のブレーダーが使用します。

レジェンドスプリガン.7.Mrを詳しく見る

スプリガンレクイエム.0.Zt(ゼロ・ゼータ)

4代目スプリガン。神レイヤーシリーズのスプリガン第2弾として登場。両回転対応ランチャー付属のスターターセットとして販売されました。

レジェンドスプリガン同様の両回転とメタルチップ内蔵に加えて、さらにラバー刃を搭載したレイヤーになっています。これにより右回転、左回転、メタル、ラバーとあらゆる能力を網羅した万能パーツ、通称「神殺し」のベイとして進化。

特にレイヤーの両回転・ラバーの部分が注目され、逆回転の相手から回転を吸収して勝利する「送り合い」カスタマイズの素材として、長らく大会での環境トップ改造パーツとして君臨していました。

ディスクは当時最重量ディスクのゼロ、ドライバーは軸先を回転させることで3タイプのモードに変形できるゼータドライバーと、改造なしでも隙のない構成です。

ちなみに、商品には72分の1の確率でレアバージョンのブラックカラーレイヤーが入っていることもありました。

アニメではベイブレードバースト神の終盤から登場。ラスボス・レッドアイの使用ベイとして登場し、圧倒的パワーで数々のライバルのベイを破壊します。最終回ではゴッドヴァルキリーと激戦を繰り広げました。

スプリガンレクイエム.0.Ztを詳しく見る

Zスプリガン.0W.Zt’(ゼロウォール・ゼータダシュ)

5代目スプリガン。超Z(チョウゼツ)レイヤーシリーズで登場したベイで、チョウゼツスプリガンと読みます。超Z改造セットに収録されており、これまでスターターセット販売だったスプリガンがセット商品の収録になったことも話題となりました。

レイヤーは両回転とメタルチップ搭載でこれまでと同様ですが、超Zスプリガンはそれに加えて新システムの「超Z覚醒システム」が搭載されています。この超Z覚醒は、シュートパワーが高ければシュートと同時にレイヤー内部の刃が飛び出して、それに連動してバーストストッパーが機能し、相手とぶつかってもバーストしなくなるという画期的ギミックになっています。

レクイエムと違ってラバーは付いていないものの、両回転やレイヤーの形状の優秀さ、そして超Z覚醒によるバースト耐性強化によって人気を博し、レクイエムと同様に送り合い改造の必須級パーツとして環境トップレイヤーに躍り出ました。

ディスクやドライバーはレクイエムと同じ型のものを使用。他に新フレームのウォールが搭載されており、これも一部の改造において高い性能を発揮するパーツとして重宝されていました。

アニメではベイブレードバースト超Zで登場。後半から登場し、主人公アイガの訓練相手としてバトルを繰り広げるほか、ラスボスのファイが使うデッドフェニックスと激戦を繰り広げます。

超Zスプリガン.0W.Zt’を詳しく見る

ロードスプリガン.Bl.Dm’(ブリッツ・ディメンションダッシュ)

6代目スプリガン。GT(ガチンコ)レイヤーシリーズで登場。GTトリプルブースターセットに収録されており、超Zスプリガンから連続してセット商品付属ベイになっています。

両回転対応ベースを搭載し、ガチンコチップのスプリガンチップ自体も左右両回転に対応しているため、これまでのスプリガンと同様に1機で両回転が可能。

ロードベースは両回転だけでなく外側配置のメタルや大型ラバー刃を搭載し、さらにベースの内側に突起がついており、ベイを組んだ時にこの突起がディスクに引っかかることでバーストしにくくなる仕組みになっていたりと、これでもかというほど性能増し増しのパーツになっています。

当然、文字どおり万能の完璧パーツとして大会環境でも猛威を振るいました。

ストームスプリガン以降のスプリガンシリーズとしては唯一アニメに登場していない機体です。

ロードスプリガン.Bl.Dm’を詳しく見る

ワールドスプリガン.U 2B(ユナイトダッシュ ツービー)

7代目スプリガン。超王(スパーキング)レイヤーシリーズで登場。超Z、ロードとセット商品付属が続きましたが久しぶりに単品でブースター商品として発売されました。

これまでの両回転スプリガンはレイヤーをそのまま左右に回転できる仕様でしたが、ワールドは表裏をひっくり返してチップを取り付けることで左右の両回転が可能なリバーシブル機能になっています。

そのため、右回転時と左回転時で外見ががらりと変わります。

また、バウンド刃も搭載されており、これはバトル中に相手と接触して引っ込むとディスクを押さえてロックが進まない(バーストしない)仕組みになっています。

シャーシの2Bは取り付けの向きによって刃の固定とフリー回転が切り替わり、ドライバーのユナイトダッシュは軌道の変化ができたりとさまざまな相手に対応できるようになっています。

アニメではベイブレードバースト超王に登場。レジェンドブレーダーになった紅シュウが使用し、他のレジェンドや、主人公たち新世代のブレーダーとバトルを繰り広げました。

まとめ

いかがだったでしょうか。

バーストキャラ人気1位のシュウが使うスプリガンは、名実ともに完璧なシリーズといえるでしょう。

ベイのかっこよさはもちろん、性能も非常に優れたものになっているので、コレクションとしても実際にバトルに使う用としても非常にオススメできるシリーズです。

1機で複数のタイプの戦いができるため、戦略的なバトルが好きな方にはうってつけのベイブレードと言えます。


歴代まとめカテゴリの最新記事