ベイブレード ドランザーMF

ベイブレード ドランザーMF

基本情報

HMSランダムブースター4 ドランザーMF(メタルフレイム)
2004年1月発売
ランブー4
HMS
両回転
バランス型
性能
重量
38.7g

※個人測定

持久タイム
1分16秒43

※個人測定

アタックリング:スマッシュフェニックス
曲線形状により右回転時に受け流し性能を発揮する。左回転時はメタルパーツで相手をたたきつけるスマッシュ攻撃が可能。
カスタマイズウェイトディスク:ウイングアタッカー
大型のフリー回転刃を搭載したウェイトディスク。攻撃範囲が広い。
カスタマイズウェイトディスク:リバースディフェンサー
シークレットバージョンのウェイトディスク。フリーサバイバーと似た形状のパーツだが、フリーサバイバーの3枚刃からひとつ増えた4枚刃になっている。また厚みも増えており防御性能も高い。
ランニングコア:フリーシャフトコア
先のとがった金属軸により持久性能が高く、軸にフリー回転機構が搭載されていることでさらに回転をサポートする。

詳細

ドランザーシリーズ最後の機体。HMSランダムブースター4に収録された新型ベイで、これまでのドランザーにない大型のフリー回転リングが特徴。


ビットプロテクター

0.6g


アタックリング「スマッシュフェニックス」

17.6g

全体的に円形になっており、防御性能の高いアタックリングになっています。メタルパーツはダークレオパルドMSやシャイニングゴッドMSと同じものを使用しています。

メタルパーツには下側に傾斜がついており、左回転時は相手を下にたたきつけるスマッシュアタックが可能になります。


カスタマイズウェイトディスク「ウィングアタッカー」

17.6g

ドランザーMFの中でも特に異彩を放つパーツ。スピンギア世代のガイアドラグーンなどに使用されていた形状の大型フリー回転リングで、攻撃範囲が広く距離のある相手にもアタックを当てることができます。ガイアドラグーンなどのフリー回転リングより少し細めですが、幅自体は同じくらいです。


カスタマイズウェイトディスク「リバースディフェンサー」


ランニングコア「フリーシャフトコア」

2.9g

ドランザーSの持久モードのときのような、先端の細いメタルシャープ軸がフリー回転する設計になっており高い持久力をほこります。ベアリングは搭載されていません。


※パーツの重量は個人計測です。

コメント

通常版(ウィングアタッカー)搭載の場合、バトル性能はかなり残念なベイ。これまでのガルズリーやガイアドラグーンなどの大型フリーリング搭載ベイと同じように、大型のフリー回転パーツがスタミナを余計に消費し圧倒的に使いづらいです。

円形のアタックリングやフリー回転のメタル軸の持久性能に対しウェイトディスクの組み合わせがかみ合わず、せっかくの持久力を活かしきれません。

逆に言えばアタックリングとランニングコアは優秀で、ウェイトディスクを安定性重視のものに換えるだけで一気に使いやすくなります。なのでシークレットパーツの方のリバースディフェンサーのドランザーMFだとデフォルトでも高い安定性を発揮でき強いです。

フリーシャフトコアは先端が細いため、軸幅のあるメタルシャープコアと違い傾いてもその場にとどまり続けるため場合によっては体勢を立て直す前に連続アタックをくらう可能性があるのでその点は注意。また、シュートもできるだけ垂直に落とさないと傾いた状態でバトルが始まってしまうのでシュートは正確にできるようにしておくとより真価を発揮できます。

対戦動画ピックアップ

第204回 ベイブレード 超Zスプリガン登場! VS ドランザーMF 最終進化バランス対決!!!
1:02あたりからバトル開始
バーストシリーズのライバル機・超Zスプリガンとバランス対決!!通常対戦の後、おまけでドランザーMFをバトル用にカスタマイズして超Zスプリガンと再戦!
第172回 HMSピックアップ第12弾 ドランザーMF VS リヴァイブフェニックス.10.Fr 燃え上がる不死鳥バトル!! おまけ総集編
1:11あたりからバトル開始
こちらはシークレット版のウェイトディスク・フリーディフェンサーを搭載したドランザーMFのバトル動画。バーストシリーズの不死鳥・リヴァイブフェニックスとの対戦!

関連商品

関連記事

ドランザーシリーズ重量・持久力ランキング


ベイブレード紹介カテゴリの最新記事