ベイブレード ゼットアキレス.11.Xt(ゼットアキレス・イレブン・エクステンド)

ベイブレード ゼットアキレス.11.Xt(ゼットアキレス・イレブン・エクステンド)

基本情報

B-105 ゼットアキレス.11.Xt
2018年3月発売
スターター
超Zレイヤー
右回転
バランスタイプ
赤刃アイガモデル
神アビリティ「メタルスティンガー」
2つの金属剣が相手の攻撃を受け止めつつ突き刺すように攻撃する!!
性能
ステータス
ノーマルモード
攻撃力 防御力 持久力
6 3 4
重量 機動力 バースト力
6 5 3
ハイアングルモード
攻撃力 防御力 持久力
7 3 3
重量 機動力 バースト力
6 5 3
重量 44.3g
持久タイム 40秒05(ノーマルモード)
44秒26(ハイアングルモード)

パーツ紹介

レイヤー:ゼットアキレス
英雄アキレスモチーフ。攻撃力と防御力を兼ね備えた大きな剣型の2枚刃を持ったバランスタイプの超Zレイヤー。
ディスク:イレブン
フレームパーツの取り付けが可能なコアディスクで、幅広で重心バランスの整った形状が安定性能を高めるディスク。
ドライバー:エクステンド
相手に合わせて高さを2段階に切り替え可能、かつ攻撃と持久を兼ね備えた軸先を持つバランス系ドライバー。

詳細

ベイブレードバースト超Zシリーズ・新主人公機!ベイブレードシリーズの主人公機はアタックタイプが定番でしたがアキレスは万能のバランスタイプベイになっています。


レイヤー「ゼットアキレス」

ステータス
攻撃力 防御力 持久力
4 1 1
重量 機動力 バースト力
5 2 3
重量 18.2g


レイヤーは英雄をイメージしており剣と盾を装備し、剣が攻撃・盾が防御の性能を持つことで攻防一体のバランス性能になっています。

剣は鋭い形状になっており、メタルの刃で相手を突き刺すように強力な攻撃をくりだすことができます。

 


盾部分は曲線的な形状になっており相手の攻撃を受け流します。

また、横から見た際も立体的な形状になっておりあらゆる角度からの攻撃に対応できるようになっています。


ディスク「イレブン」

ステータス
攻撃力 防御力 持久力
1 1 1
重量 機動力 バースト力
1 1
重量 18.7g

ドライバー「エクステンド」

ステータス
ノーマルモード

攻撃力 防御力 持久力
1 1 2
重量 機動力 バースト力
0 2 0
ハイアングルモード

攻撃力 防御力 持久力
2 1 1
重量 機動力 バースト力
0 2 0
重量 7.7g


軸先はフュージョンのように、平たい軸先に小さな点のような軸がついています。

そのためスタジアム中央で持久、傾いたり外周を回っているときに攻撃的な軌道に変化。また、フラット部分の軸幅がフュージョンなどより広くなっているため、より高機動でアタックが可能です。

 


画像左がノーマルモード、右が背の高いハイアングルモードです。自分のカスタム・対戦相手などに応じて自由に高さを変えてバトルすることが可能です。

エクステンドチップで強化

ゼットアキレスのドライバー・エクステンドは、「B-123 ロングベイランチャーセット」に付属しているエクステンドチップによってエクステンド+(プラス)ドライバーに強化することができます。

ドライバー:エクステンド+
エクステンドチップによって強化されたエクステンドドライバー。軸先を、中央で回り続ける持久・程よく動き回る防御・激しく動き回る攻撃の3タイプに切り替えできるバランス系ドライバー。

詳細(エクステンド+)

ステータス
攻撃力 防御力 持久力
3 1 0
重量 機動力 バースト力
1 2 0

アタックモード

攻撃力 防御力 持久力
3
重量 機動力 バースト力
1 1 0

ディフェンスモード

攻撃力 防御力 持久力
0 2 4
重量 機動力 バースト力
1 0 0

スタミナモード

重量 7.5g


エクステンドドライバーの強化には「B-123 ロングベイランチャーセット」に収録されているエクステンドチップが必要になります。

画像右側の下のゴールドのパーツがエクステンドチップです。上のゴールドパーツは軸パーツを取り換えるために使うツールです。ツールもランチャーセットに一緒に収録されています。

 


まずはツールで通常のエクステンドの軸パーツを取り外します。

ツールが無くても一応頑張れば取り外しはできますがめんどくさいです。ツールがあれば楽に、すぐに外すことができるのでなくさないようにしましょう。

取り外した軸パーツも同様になくさないよう保管しましょう。

 


そのあとはエクステンドチップをドライバー本体につければエクステンド+ドライバーの完成。

通常のエクステンドに戻したい場合は、先ほどの工程を逆にやるだけです。エクステンドを複数所持すればエクステンド+と使い分けができていちいち軸を取り外す手間がはぶけます。

ランブー11、12、その他キャンペーンなどいろいろな方法で限定カラーのものも手に入るのでそれらを狙って個性を出すのも良いでしょう。

 


通常のエクステンドは2段階の高さ切り替えでしたが、エクステンド+は3段階の高さ切り替えが可能です。また、その高さ切り替えを利用して軸先の形状も変化します。

画像左が、エクステンド本体のシャープ軸が露出した持久モード。スタジアム中央で長時間の回転が可能です。

真ん中が、シャープ軸が半分ほどチップに隠れた防御モード。スタジアム中央で回りつつも、相手の攻撃を受けたときなどに程よく動き回ることでかわしつつチップが本体を支えてくれることで倒れにくく耐えてくれます。スタジアムの位置やベイの角度次第では激しく動き回るので、守るだけでなくカウンターも狙えます。

画像右が攻撃モードです。シャープ軸は完全にエクステンドチップに覆われ、100%攻撃型の軌道になります。

対戦動画

VSクラッシュラグナルク.11R.Wd
VSリヴァイブフェニックス.10.Fr

アニメでの活躍

ベイブレードバースト超Z第1話に初登場。バルトのウイニングヴァルキリーを見てベイに興味を持ったアイガが自身の手で作り上げたベイブレード。タイガが作ったアキレスの像が持っていた剣と盾を素材にして作られた。

また、「ヴァルキリーの剣が3つならアキレスは4つ」「ヴァルキリーが青ならアキレスは赤」といった、アイガのバルトに対しての影響や対抗心も表現されている。ベイのタイプは、最強無敵を目指すためすべてのタイプを取り込んだバランスタイプとして設計された。

ロンギヌスカップではクラッシュラグナルク、アーチャーヘラクレス、ヘルサラマンダーといった強敵を倒し優勝し、その後白鷺城ルイのベイ・ブラッディロンギヌス.13.Jlに挑戦。激戦の末勝利し、バトルの後ルイから受け取ったレベルチップを装着し強化された。

その後ベイクイーン号で行われた船上大会のバトルシップクルーズでは、ヴァイスレオパルド、バスターエクスカリバーなど新たなライバルのベイとのバトルを制し生き残っていく。また、ベイクイーン号がスペインに到着した際、BCソルのベイトレーナーのゾロによってエクステンドドライバーがエクステンドプラスドライバーに強化された。

バトルシップクルーズ後半ではバトルを重ねるうちアイガとアキレスの共鳴が高まるあまり、徐々に悪魔の共鳴へと変化していった。絶大な力を発揮すると同時に、無意識に相手のベイを力任せに破壊しようとするバトルを行うなど、力に取り込まれかける描写が増える。そして最終的にバトルシップクルーズを最後まで生き残り、チャンピオンのバルトが使うウイニングヴァルキリーと対戦する。ヴァルキリーとの対戦の中、悪魔の共鳴によってウイニングヴァルキリーのレイヤーを破壊しバーストフィニッシュによって勝利した。

チャンピオンになった後すぐにハーツの挑戦を受け、ハーツの使用ベイ・デッドハデスに敗北する。その後ハーツの誘いで魔城デッドグランに挑むこととなり、そのさなかでさらにアイガとアキレスの共鳴力が高まる。それによりイベルのオーブイージス、無双スタジアムのライトアルテミス・レフトアポロス、ナイト伯爵が使うエクリプスを次々と倒していくが、ハーツとの再戦ではまたもデッドハデスに敗れた。

ハーツとの対戦後はファイに勝負を挑まれ、リヴァイブフェニックスの必殺技リヴァイブアーマープレスによってレイヤーを砕かれ敗北した。この敗北がアイガがあらためてアキレスと向きあうきっかけとなり、この後アイガの手によって超Zアキレスが生み出されることとなる。



ベイブレード紹介カテゴリの最新記事