ベイブレード アリエル2

ベイブレード アリエル2

基本情報

ランブー8 アリエル2
2002年9月発売
ランブー8
マグネシステム
右回転
バランス型
キングモデル
パッケージセリフ なし
性能
ステータス
(各パーツ数値合計)

攻撃力 防御力 持久力
10.5 5.5 6
マグネパワー
0
重量 34.8g
持久タイム 34秒29(攻撃モード)
48秒13(防御モード)

パーツ紹介

アタックリング:ネオクロスホーン
外側に向かって厚くなっており、さらなる遠心効果を生み出す。
ウェイトディスク:スターアタック
5角形のスペシャルウェイトディスク。5つのアタックポイントが搭載されており、攻撃性能を強化する。
スピンギア:NEOライトスピンギア
右回転専用スピンギア。内部にメタルウェイトを搭載。
サポートパーツ:オーバーアタック
攻撃力を強化するサポートパーツ。取り付けの向きにより下方攻撃のリーチが変化。
ブレードベース:SGグリップチェンジベース
 サポートパーツ対応ブレードベース。軸先の軟質素材の軸をチェンジすることにより、攻撃と防御を切り替えられる。

詳細

新タイプのグリップ軸を装備!!最強のライバルが今よみがえる!!上下を入れ替えて、攻撃と防御を切り替えできる万能型。ランダムブースター8に収録されたレアベイで、コロコロコミック応募者限定ベイ・アリエルの次世代機です。


ビットチップ

重量 0.7g

ビットファインダー対応ビットチップ。特殊な肉抜きをされており少し軽くなっています。


アタックリング「ネオクロスホーン」

ステータス
攻撃力 防御力 持久力
3.5 1.5 2.5
重量 5.6g

厚みのある強力なスパイク形状の4枚刃アタックリング。内側が薄く、外側が厚みのある設計で、より遠心力が得られるようになっています。

 

よく見るとシールの模様は4枚刃それぞれ、ハート・スペード・ダイヤ・クローバーで異なっています。


ウェイトディスク「スターアタック」

ステータス
攻撃力 防御力 持久力
3 1 2.5
重量 15.7g

新設計ウェイトディスク。5つの角がバランスの良い遠心効果と攻撃力を生み出します。また、奇数枚刃のアタックリングと組み合わせる際は装着の向きによってウェイトのアタックポイントの露出面が変化し性能を変化させることも可能。


NEOライトスピンギア

ステータス
マグネパワー
0
重量 4.8g

旧システムのメタルウエイトより重量をアップしたメタルコアを内蔵し、ベイブレードの中心の自重を上げ攻撃力と防御力をアップ。磁力はありません。


サポートパーツ「オーバーアタック」

ステータス
攻撃力 防御力 持久力
2 0 0
重量 2.7g

サポートパーツ対応ブレードベースに装着可能。表裏を入れ替えて取り付けることにより形状が変化し、攻撃のリーチを調整できます。


ブレードベース「SGグリップチェンジベース」

ステータス
攻撃力 防御力 持久力
4 3 1
重量 5.1g

ラバー軸の両端がそれぞれシャープとフラットのリバーシブル設計になっていて、軸を取り付ける際に任意の向きで差し込むことにより攻撃と防御のモードを選択可能です。


※パーツの重量は個人計測です。

コメント

非常に強力なベイブレードです!

アタックリングはスパイク性能に特化し攻撃力が高いため、軸を攻撃にしたときは激しくアタックをしかけ、防御モードのときはシーボーグのようなカウンターに特化した性能になります。

アタックモード時はドラグーンV2より少し軸幅が大きく、かつドラグーンの軸より軟らかいのでグリップ力が非常に高くドラグーンを超えるレベルの機動力を発揮できます。

ラバー軸のためどちらのモードもスタミナに乏しいのが弱点ですが、それを差し引いても高い破壊力が魅力です。サポートパーツ対応ベースのためカスタマイズの幅が広いのも長所です。

ランブーのアタリのため手に入れづらいのが難点です。当時は箱を振った際の音が特徴的でサーチし放題だったらしいですが、現在では希少価値がついているので狙っている人はネットオークションなどでこまめに検索してみるのがおすすめです。

破損問題について

アリエル2はプラスチックの材質上非常に破損しやすいです。通称ゴールドプラスチックシンドロームというようで、一部の金色のプラスチックの劣化が激しく、脆くなって簡単にボロボロと崩れてしまう現象です。

 

 

残念ながらアリエル2もその金プラスチックに該当し、個体差はあるかもしれませんが壊れやすくなっています(個体によっては頑丈なものもあるっぽい?生産された時期によって違うとの話も)。特にベイブレードは回してぶつける遊びなので相性がすこぶる悪く、アリエル2を手に入れた際はできるだけ回さない方が良いと思います。

 

通常のベイとランナー部分で強度比較。通常の物(左)は、折り曲げた際に白化して抵抗がある感じで折れ曲がります。それに対しアリエル2の物(右)は力を加えるとすぐにパキッと取れます。折れるというよりはボロボロと崩れていく感じで、実際のベイもバトルさせるとアタックリングはもちろんのこと、内部のコア部分などもボロボロと破片が崩れていく感じで壊れやすいです。

なお、ベイブレードは組み立ての際にもスピンギアとベースを固定するためのパーツをとりつけるときや、アタックリングにビットチップをはめるときなどに衝撃が加わりやすいので、ものによっては組み立ての時点ですら破損の恐れがあるという運ゲーになっています(ちなみに自分が組み立てたときは、ビットチップをはめるときにアタックリングのビット付近の突起がひとつ吹っ飛んでいきました_:(´ཀ`」 ∠):_)。

しかも、ギミックの軸チェンジも一度分解して軸パーツを付けなおすという作業が必要になるため、切り替えの際に破損してしまう可能性もなくはありません。

新品で手に入れた際はいっそのこと一切組み立てずに大事にとっておくのも手です。

対戦動画ピックアップ

第76回 ベイブレード ガブリエル&アリエル VS アンロックユニコーンチーム
3:17あたりからバトル開始
アリエル2 & ガブリエルのチームで、バーストのアンロックユニコーンのランブー版と対戦。優秀な攻撃と防御の切り替えで超バーストを繰り出す!

アニメでの活躍

爆転シュートベイブレード2002第42話で初登場。

練習中のカイを襲い、ドランザーVとバトルする。互角に立ち回っていたものの追い詰められとどめを刺されそうになるが、直前にクイーンのガブリエル2が乱入する。その後ガブリエルと共にダブルアタックをしかけ、ドランザーのボディを真っ二つに破壊した。

その後、新たなベイ・ドランザーV2を手にしたカイと再び対戦。進化したドランザーと互角に渡り合い聖獣同士のぶつかり合いとなるが、途中で引き揚げバトルを中断した。

ワールドチャンピオンシップ決勝トーナメント一回戦では、ガブリエル2とシャークラッシュの対戦中に乱入する。ついでユスフのバニシングムートも参戦し2対2の乱戦となる。ガブリエル2のサポートを受けることで回転力をアップさせ、さらにガブリエル2とのダブルアタックでシャークラッシュを破壊した。その後続けてバニシングムートもダブルアタックで破壊し勝利した。

ワールドチャンピオンシップ準決勝でタカオのドラグーンV2とバトル。開始直後から聖獣の力でぶつかり合う。その後ドクターKによるドラグーンへの妨害工作が行われるが、ドラグーンと協力しこれを撃退している。ドクターK撃退後再び激しいバトルを再開し、最後はドラグーンのパワーによってスタジアム外に弾かれ敗北した。

関連商品


ベイブレード紹介カテゴリの最新記事