ベイブレード メタルドラグーンベアリンススティンガー

ベイブレード紹介

基本情報

18 メタルドラグーンベアリングスティンガー
1999年12月発売
ブースター
初期型
右回転
持久型
ジンモデル

パッケージセリフ なし
性能
ステータス
(各パーツ数値合計)

攻撃力 防御力 持久力
3.5 5 7
重量 27.6g
持久タイム 1分27秒65

パーツ紹介

アタックリング:シザーカッター
鎌型の鋭い刃が相手のアタックリングを捕らえる。
ウェイトディスク:ヘビィ
6角形のウェイトディスク。重量があり、バトル中の防御性能をサポートする。
ブレードベース:ベアリングベース
金属ベアリング内蔵で持久力が上昇。長期戦で効果を発揮。

詳細

初のベアリング内蔵・フリー回転軸搭載。ウルボーグが代表的ですがその前にすでにベアリングを実装したベイブレードです。

初期型ですが組み立てにネジが必要ないのでドライバーを用意する必要がないのもありがたいです。


ビットチップ

重量 1.4g

二層式のビットチップ。本体と固定用カバーの2パーツで構成されているため、いくつか種類があるビットチップの中でも重量が高いタイプです。


アタックリング「シザーカッター」

ステータス
攻撃力 防御力 持久力
2 1 2
重量 3.0g


細かく先のとがった形状の刃が搭載されています。カギヅメ状で相手に引っかかりやすいです。


ウェイトディスク「ヘビィ」

ステータス
攻撃力 防御力 持久力
1 3 1
重量 15.5g


ブレードベース「ベアリングベース」

ステータス
攻撃力 防御力 持久力
0.5 1 4
重量 7.3g


メタルドラグーンはダブルベアリング機構になっていて内部に金属ベアリングとプラベアリングの2つを取り付けます。

商品には金属ベアリング1つ、プラベアリングが2つ入っていてプラベアリングの1つは予備用となっています。

軸先のメタルベアリングでなめらかなフリー回転を実現し、上側のプラベアリングがシャフトを支えることで軸先がずれることなく回転します。

ちなみに軸先はつるつるしたPOM素材になっていて摩擦が少なく、持久性能と相性が良くなっています。

また、初期型モデルでありながらネジを使わずに組み立てることができます。

 


この軸パーツをブレードベース本体に取り付けます。構造としてはスピンギアに似たものになっていますが、残念ながら互換性はありません。

 


軸パーツをブレードベースに差し込み固定パーツでロックして組み立て完了です。

爆転のベアリング系で一番持久力が高いのはどれだ!?各ブレードベースのタイム検証!
りえ先輩 爆転シリーズはベアリングの軸がいくつも出ているけど、一番長く回るのはどれ? そんな疑問にこたえるべく、今回は実際に検証を行いました! 今回は爆転シリーズの定番のベアリング系ベース4つで持久タイ...

※パーツの重量は個人計測です。

レビュー

ベイブレードの持久型ではおなじみのベアリングを搭載した高性能持久型で、その持久力は確かなものです。これまでの持久型と違い軸幅が広いため、傾いてもなめらかに動くことで攻撃の回避も可能です。

長期戦に持ち込めば強いですが、軸が滑りやすく、初期型特有の重量の軽さもあるので、吹き飛ばされやすいのが弱点です。

またアタックリングがとがっているのに加え、ウェイトディスクが小さいため刃がかなり露出するので相手に引っかかりやすく、持久戦を考えるとデフォルトだと組み合わせがチグハグな印象。

やはり定石通り円形のアタックリングやウェイトディスクに組み替えて使うのが正解かなという感じです。

対戦動画



タイトルとURLをコピーしました