ベイブレード ラウンドシェルMS

ベイブレード ラウンドシェルMS

基本情報

MAー19 ラウンドシェルMS(メタルスナイプ)
2004年10月発売
ブースター
HMS
両回転
防御型

性能
重量
40.1g

※個人測定

持久タイム

※個人測定

パーツ紹介

アタックリング:タートルクラッシャー
防御性能が高いアタックリング。2つの頭部がディフェンス性能を発揮するように設計されている。
ランニングコア:ラバーウェイトコア
ウェイトとコアが一体化したランニングコア。周囲を覆うラバー製の円形ウェイトが相手の攻撃を吸収する。軸先は球状になっていて持久性能をフレキシブルにサポートする。

詳細

大型のラバー素材ウエイトが一体化した特殊ランニングコアを搭載した防御型ベイブレード。ラバーディフェンスがあらゆる攻撃を受け流す!


ビットプロテクター

0.6g


アタックリング「タートルクラッシャー」

19.8g

円に近い形状の防御性能が高いアタックリング。メタル部分は右回転時スパイク性能を発揮しカウンターも可能。


ランニングコア「ラバーウェイトコア」

19.8g

ウェイトディスクとランニングコアが一体化したパーツ。外周を大きくぶ厚いラバーが覆っています。コアの内部にはメタルが内蔵されており重量もサポートされています。

コアはかなり背が高く設計されています。また、ウェイトディスクと軸が一体化しているため軸先のカスタマイズなどは不可となっています。


※パーツの重量は個人計測です。

簡易評価

見た目のイロモノ感に反して強いです。背が高く、大抵の相手の攻撃刃ラバーで受けることができるため受け流し効果を非常に発揮しやすいです。攻撃力の高い相手もうまくいなしていきます。

また、背が高いためバランスが悪く見えますが持久力も悪くなく、小さい球状の軸でうまく粘ってくれます。

アタックリングはプラスチックとメタルの部分に少し隙間があり、そこが相手に引っかかりやすくカウンターも可能。

弱点としては、アタックリングが引っかかったとき軸が細長いため踏ん張る力が弱く弾かれやすいこと、背が高いためバランスを崩されるとラバーが床に擦って一気に止まってしまうことなどがあります。また、ランニングコアはウェイトディスクと一体型のためカスタマイズの幅が狭いのも残念。

しかし、円形ラバーの防御面が非常に優秀で総合的に高い性能を持っているため手に入れて損のないおすすめのベイブレードです。

対戦動画ピックアップ

第140回 ベイブレード HMSピックアップ第1弾 ラウンドシェルMS VS バースト左回転強敵チーム
2:03あたりからバトル開始
ラウンドシェルMSの性能紹介バトル動画。バーストシリーズの強敵左回転ベイを相手にラバーディフェンスの実力を見せつける!
第209回 ベイブレ―ド ラウンドシェルMS VS ハザードケルベウス.7.At ラバー VS 可動防御!!!
1:08あたりからバトル開始
ラウンドシェルMSとハザードケルベウス.7.Atの、特殊ギミック防御ベイ対決。今回はラウンドシェルMSのアタックリングのカウンターが発揮される場面が多く、激しいバーストが多いです。


ベイブレード紹介カテゴリの最新記事