ベイブレード ブリザードオルトロス

ベイブレード ブリザードオルトロス

基本情報

福箱2003 ブリザードオルトロス
2002年12月発売
福箱2003
マグネシステム
右回転
攻撃型
ゴルドモデル

パッケージセリフ なし
性能
ステータス
(各パーツ数値合計)

攻撃力 防御力 持久力
9 8 5
マグネパワー
0
重量 32.8g
持久タイム 56秒81

パーツ紹介

アタックリング:ダブルアタッカー
双頭の聖獣が細かい刃で連続攻撃を加える。スパイク攻撃とアッパー効果をまとめて持つ高性能攻撃型アタックリングだ!
ウェイトディスク:リボルバーアタック
8方向に攻撃を強化する特集エイトを標準装備しているぞ!。
スピンギア:NEOライトスピンギア(メタルウエイトバージョン)
右回転専用スピンギア。メタルコア内蔵で重心を安定させる。
サポートパーツ:ツインガード
2つのアタックポイントが半周ごとの回転で攻撃を加える。裏表どちら側でも装着可能。
ブレードベース:SGボルトベース
 金属製のネジパーツ「メタルボルト」を底面に4つ装備した重量級パーツ。ブレードベース自体の重さを増し、ぶつかった時の攻撃力をパワーアップ!

詳細

福箱2003にレア枠で収録された完全新型ベイブレード。重さを活かした攻撃タイプだ!ブレードベースにメタルボルトを装備し、フラット軸と合わせて重い一撃を相手のベイに決めるぜ!


ビットチップ

重量 0.7g

ビットファインダー対応ビットチップ。特殊な肉抜きをされており少し軽くなっています。


アタックリング「ダブルアタッカー」

ステータス
攻撃力 防御力 持久力
3 2 2
重量 4.5g

大きな二枚刃を持つアタックリング。アタックポイントの先端は幅のあるスパイク形状になっています。

 

それだけでなく、外側には細かくゴツゴツした凹凸がついており、相手と接触時に引っかかりやすくなりダメージを与えやすい形状になっています。

 

ちなみに双頭の聖獣・オルトロスをモチーフとしたアタックリングはそれぞれの聖獣の頭の形状が違っており、攻撃性能に微妙な違いを持っています。


ウェイトディスク「リボルバーアタック」

ステータス
攻撃力 防御力 持久力
2.5 3 1
重量 15.1g

8角形のスペシャルウェイトディスク。ヘビィアタックより円に近い形になったことで持久力が強化。さらに、過度の突起の部分でアタックも可能。


NEOライトスピンギア

ステータス
マグネパワー
0
重量 4.8g

旧システムのメタルウエイトより重量をアップしたメタルコアを内蔵し、ベイブレードの中心の自重を上げ攻撃力と防御力をアップ。磁力はありません。


サポートパーツ「ツインガード」

ステータス
攻撃力 防御力 持久力
1.5 0 1
重量 1.7g

サポートパーツ対応ブレードベースに装着可能。大きな円形の半周ごとにアタックポイントが付いています。表と裏を入れ替えて取り付け可能で、回転方向に関わらず攻撃や受け流しの性能に変更できます。


ブレードベース「SGボルトベース」

ステータス
攻撃力 防御力 持久力
3.5 3 2
重量 6.1g

ベース本体にネジ(メタルボルト)を取り付けていることで重量をアップ。ネジ自体はただ重りとしてつけられているだけで、特にパーツを固定したりの役目はありません。

 

軸は長さのあるのフラット軸で、SGセミフラットベースと同じくらいの背の高さがあります。


※パーツの重量は個人計測です。

コメント

マイナーなベイではありますが、かなりの実力を秘めていると感じました。

アタックリングが楕円形状のため、大きな二枚刃に威力が乗りやすくアタックタイプとして高い性能を持っています。側面の小さなギザギザも相手に細かく引っかかるため全体的に弾き飛ばす力が強く、ガンガン場外勝ちを狙っていけます。

ゴリゴリの攻撃性能のため、サポートパーツはアタック特化の向きでつけるのがおすすめ。取り付けの角度により刃の位置が変わりアタックポイントの先端or側面部分に刃が置かれるようになりますが、どちらでも効果的にアタック力を強化できるのでそこは個人の好みでOKです。

全体的に優秀なのですがフラット軸としてはやや背が高く、高重心で踏ん張りが効きづらいためかアタックの衝撃で自分が吹っ飛んでしまうこともあるので注意。また、ウェイトディスクのリボルバーアタックの突起はほぼ本体に隠れてしまいほとんど攻撃力を発揮できないため、デフォルトにこだわらないのであればワイド系の遠心力やヘビィ系の重量特化に換えて役割をはっきりさせるのもオススメです。

総合するとデフォルトでもなかなか戦え、パーツ単体でも高い性能を持つものが多く全体的におすすめできるベイブレードです。レア度の高いベイで手に入れづらいのが難点ですが、機会があればぜひ入手を。

対戦動画ピックアップ

第134回 ベイブレード 爆転干支チーム VS ビートククルカン.7U.Hn
3:41あたりからバトル開始
バーストシリーズのビートククルカン.7U.Hnと対戦。互いに高い攻撃力を持ったアタックタイプ。激しいぶつかり合いを繰り広げる!

アニメでの活躍

爆転シュートベイブレード2002第43話で初登場。石板に封印されていた聖獣・オルトロスの力を移植したベイブレード。ワールドチャンピオンシップのゼオのタッグパートナー、ゴルドが使用する。

ワールドチャンピオンシップの決勝トーナメント一回戦で、ドゥンガのボルティックエイプとバトル。攻撃を見極めアタックを回避し、その後聖獣の力でボルティックエイプを押しのけ勝利した。

準決勝ではレイのドライガーV2と対戦する。ドライガーの攻撃をかわし続け、体力が落ちたドライガーに猛攻を仕掛ける。勝利目前と思われたが、ドライガーの驚異の反撃によって引き分けとなった。

ワールドチャンピオンシップ・決勝戦でタカオのドラグーンV2と対戦。バトル開始直後のドラグーンの猛攻で劣勢に立たされるが執念の反撃によって立て直し、続けて必殺技を放ち青龍を凍結させドラグーンの身動きを封じた。しかし気力で復活したドラグーンの一撃を受けて敗北する。敗北の際にはオルトロスのビットチップが砕け散った。

関連項目

バーニングケルベロス

関連商品


ベイブレード紹介カテゴリの最新記事