ベイブレード ガイストファブニル.8’.Ab

ベイブレード ガイストファブニル.8’.Ab

基本情報

B-122 ガイストファブニル.8’.Ab
2018年9月発売
スターター
超Zレイヤー
左回転
持久型
フリー・デラホーヤモデル
神アビリティ「ガイストスピン」
低速回転時、ラバー刃が開き相手の回転力を吸収する!!
性能
持久タイム
1分12秒62

※個人測定

パーツ紹介

レイヤー:ガイストファブニル
黄金の龍ファブニルモチーフ。高速回転時はラバー刃をひっこめて回転力を温存し、低速回転時にだけラバー刃が飛び出すことで相手の回転を吸収するスタミナタイプの超Zレイヤー。
ディスク:エイトダッシュ
フレームパーツの取り付けが可能なコアディスクで、「8ディスク」をより大型化し、外重心で回転力に特化したスタミナ系ディスク。
ドライバー:アブソーブ
とがった軸先とフリー回転するガードパーツでスタミナを保ちつつ、上下の振動もバネで吸収し、さらに軸先が縮んだ時だけ高速移動して攻撃を避けるスタミナ系ドライバー。

詳細

超Zシリーズで復活した2代目ファブニル。より吸収に特化した性能を持つ左回転ベイブレード。


▼レイヤー比較

左はドレインファブニル、右側がガイストファブニル。前回のファブニルより刃が大型化し非常にサイズの大きいレイヤーになっています。回転吸収に特化したラバー刃が外側に飛び出る形になり、より吸収しやすい性能になっています!


▼レイヤーのメタル

元々のレイヤーサイズが大きく重量があり、かつ吸収能力をメインにしているためか、メタルは控えめになっています。


▼レイヤーのギミック

回転力が高いときは遠心力で龍の口が閉じ、同時にラバーの刃が内側に引っ込むようになっています。相手との接触を少なくすることで回転力を温存!回転力が落ちてくると龍の口が開きラバー刃が外側に出てきます。これによりバトル後半、相手から回転力を吸収し持久戦に持ち込むことができます。


▼エイトダッシュディスク

右側が新ディスクエイトダッシュ。左側のエイトディスクをより強力に進化させたディスクです。幅が広くなったことにより遠心力が強化されています!


▼裏側から

裏側から見ると、エイトダッシュディスクは内側が薄めになっていてより外重心特化になっていることがわかります。また内側が薄い分重量はそこまで高いわけではありません。


▼新ドライバーのアブソーブ

右側がアブソーブ。前回のファブニルのドライバーのナッシングと比較。背が低くなっています。


▼ドライバーギミック

軸先はリボルブのようにフリー回転ガードパーツが搭載されており、ベイが傾いたときにガードパーツが支えてくれることで粘り強く回転できます。背が低く安定性に優れるためファブニルの回転吸収バトルとも相性が良いです。また、ナッシングのように内部にバネが搭載されており衝撃を吸収してくれます。

さらに、画像右のように軸が縮み切ると先端のシャープ軸がガードパーツの中に隠れ攻撃型のような動きに変化します。このギミックのおかげで激しい攻撃を受けたときなどは連続でくらう前に移動して回避することができ、うまくいけばその反動を利用してカウンターを狙うことも可能です。

プルーフフレームで強化

B-124 ロングベイランチャーLセットに付属しているファブニル強化用のプルーフフレームをつけることによってより強力になります。プルーフは円形のため止まる直前になめらかに回転をサポートしてくれるので回転吸収戦法と相性が良いです。

フレーム:プルーフ
コアディスクに取り付け可能な攻撃力強化パーツ。滑らかに張り出した形状が、レイヤーとスタジアムの接触を防ぐ。

詳細(プルーフフレーム)

▼プルーフフレーム詳細

円形のフレーム。微妙にでっぱりがあり完全な円ではありませんが、それでも非常に強力なフレームです。ベイの回転が止まりそうなときなど、なめらかなフレームが回転をサポートしてくれるため最後の開店時間を延ばしてくれるので接戦になりやすい逆回転吸収バトルのカスタマイズでも非常に優秀です。


▼簡易評価

ガイストファブニルは前回のドレインファブニルよりラバーが大型化し、ドライバーも背が低くなり倒れにくく、さらに軸周りのガードパーツによって粘り強いため非常に吸収性能が上がっており、アーチャーヘラクレスまでは厳しいですが逆回転の相手に対してはなかなか強く感じました。別売りですがプルーフを装着することでさらに粘り強さに磨きをかけることができます!しかしアブソーブの軸が引っ込むギミックの関係上回転中にフリー回転のガードパーツが床に接触しやすく、単体での持久タイムは思ったより伸びませんでした。また、シュート直後はかなり暴れやすいので自滅の可能性もあります。左回転同士の対戦だと暴れて消費した分の回転力は回復できないので注意が必要です。しかし暴れたときのスピードは速いので吸収だけでなくアタックによる価値も狙っていけるのが魅力です。

対戦動画ピックアップ

アニメでの活躍

ベイブレードバースト超Z第25話で初登場した。フリー本人のアイデアを元に、トレーナーのゾロと共同で開発し完成した。アニメでは初登場時点でプルーフフレームを装着している。

第25話で森の中に迷い込んできたアイガとバトルした。ファブニルを手回しした状態からアキレスを破っている(ドレインファブニル同様、手回しでの吸収は実際の商品でも可能)。その後はランチャーを使用しさらに二度アイガと対戦するが、バーストで勝利している。

第31話でフリーのもとを訪れたカイル・ハキムとバトル。ハザードケルベウスを圧倒し勝利した。。

第32話では超Zヴァルキリーを完成させたバルトのもとへ向かいバトルしている。超Z覚醒を使いこなしていない状態の超Zヴァルキリーを立て続けにバーストする。しかし何度も挑戦を続けるうちに超Z覚醒に成功したヴァルキリーにバーストされた。

第43話にてファイの新たなベイテッドフェニックスと対戦した。フェニックスのデッドアーマープレスを、アブソーブドライバーの高速移動ギミックによって攻略している。しかしデッドフェニックスの必殺技のデッドスティンガーにより逆襲され始める。フェニックスの連続攻撃を受け危機に陥るが踏みとどまり、再びアブソーブドライバによる高速攻撃をしかけるもののフェニックスが弾いたアーマーの直撃を受け軌道が逸れて失敗に終わる。その後フェニックスとデッドアーマーによる挟み撃ちのデッドスティンガープレスを受け、レイヤーを粉々に破壊されバーストフィニッシュで敗北した。

関連項目

ドレインファブニル.8.Nt



ベイブレード紹介カテゴリの最新記事