ベイブレード ロックバイソン

ベイブレード ロックバイソン

基本情報

Aー98 ロックバイソン
2003年2月発売
ブースター
エンジンギアシステム
右回転
防御型
リックモデル
パッケージセリフ なし
性能
ステータス
(各パーツ数値合計)

攻撃力 防御力 持久力
6 7 8
エンジンパワー
2
重量 39.0g
持久タイム 47秒37

パーツ紹介

アタックリング:ダブルホーン
猛牛の角を模したアタックポイントで相手を攻撃する左右どちらの回転にも対応した形状になっている。
ウェイトディスク:テンヘビィ
10角形のウェイトディスク。重量があり、バトル時の防御性能をサポートする。
エンジンギア:ライトエンジンギア
右回転専用エンジンギア。対応の軸パーツを取り付けて使用する。
エンジンウェイト:サークルディフェンス
エンジンギアに取り付け、ブレードベースの防御をサポートする軸パーツ。大型サークル形状の軸パーツが相手の攻撃を受け流す。また、相手との接触でエンジンチャージをすることもできる。
ブレードベース:ノーマルベース
常にエンジンギアを発動させるブレードベース。専用の軸と併用することで効果を発揮する。

詳細

右回転ライトエンジンギアを搭載した防御型ベイブレードだ!!ブレーダーのシュートパワーとエンジンのゼンマイパワーが融合し加速力をアップさせ、さらにプロペラ上のウイングが防御性能をサポート!!


ビットチップ

重量 0.8g

1パーツで直接アタックリングにはめ込むタイプの長いビットチップ。


アタックリング「ダブルホーン」

ステータス
攻撃力 防御力 持久力
2 1 2
重量 5.4g

ウェイトディスク「テンヘビィ」

ステータス
攻撃力 防御力 持久力
1 3 2
重量 16.5g


円形に近くなることにより持久力がアップ。また、2カ所のアタックポイントにより攻撃力も上昇。


エンジンギア(サークルディフェンス)

ステータス
攻撃力 防御力 持久力
2 2 3
エンジンパワー
2
重量 11.3g

大型形状のエンジンウェイトによって長時間エンジンパワーを開放。回転力は低い代わりに長い時間エンジンギアを開放できるのが特徴です。軸先はフラット形状になっており防御型ながら機動力の高い性能になっています。

 

また、エンジンウェイトのサークルディフェンスはプロペラ形状になっておりダウンフォースを生み出し本体を押し付けることで防御性能をアップ、さらに大型のリングによってスタジアムフェンスにぶつかり跳ね返ることでスタジアムアウトする確率を軽減する効果も持ちます。


ブレードベース「ノーマルベース」

ステータス
攻撃力 防御力 持久力
1 1 1
重量 5.5g

つねにエンジンパワーを開放する、エンジンギア対応ブレードベース。シュート前からエンジンを開放し続けるので、シューターにセットしている間は手でエンジンウェイトを押さえておくなどの対応が必要です。


※パーツの重量は個人計測です。

アニメでの活躍

爆転シュートベイブレードGレボリューション第7話で初登場。リックが世界大会に向けて用意したベイブレード。実際の商品は防御型の設定だが、アニメ本編ではリックの性格も相まって非常に攻撃的なバトルを得意としている。

世界大会予選アメリカトーナメントのBブロック決勝でマイケルのトライグル2と対戦。スタジアムの障害物をものともせず突き進み、トライグルを弾き飛ばし瞬殺した。世界大会本戦前にはストリートバトルでタカオ、大地の二人を同時に相手にしバトルした。圧倒的パワーで追い詰めたかに思われたがタカオと大地の連携により巻き返される。バトルはマックスの乱入によって決着はつかずに終わっている。

対戦動画

VSトライグル2

関連記事

爆転シュートベイブレードアメリカチームPPBのベイブレード一覧と簡単解説


ベイブレード紹介カテゴリの最新記事