ベイブレード シーボーグ2

ベイブレード シーボーグ2

基本情報

A-40 シーボーグ2
2001年11月発売
ブースター
スピンギアシステム
右回転
バランス型
セルゲイモデル
パッケージセリフ 砕け散れ弱者ども!!我、最強の破壊者なり!!
性能
ステータス
(各パーツ数値合計)

攻撃力 防御力 持久力
6.5 5 5.5
重量 28.2g
持久タイム 1分9秒66

パーツ紹介

アタックリング:ホエールクラッシャー
回転方向によってアッパー攻撃とダウン攻撃を使い分けることができる。
ウェイトディスク:エイトワイド
8角形のウェイトディスク。直径が大きく、遠心力を強化し長時間の持久力をサポートする。
スピンギア:ライトスピンギア
右回転専用スピンギア。
ブレードベース:SGフラットベース
 スピンギア対応の基本ブレードベース。フラット軸によりスタジアムを動き回る。背が低く、低位置からの攻撃が可能。

詳細

攻撃と防御の性能を兼ね備えたアタックリングを持つバランス型ベイブレード!


ビットチップ

重量 0.8g

1パーツで直接アタックリングにはめ込むタイプの長いビットチップ。


アタックリング「ホエールクラッシャー」

ステータス
攻撃力 防御力 持久力
3 2 1
重量 7.3g

最大級のボリュームを誇る大型アタックリング。

右回転時は敵の攻撃を曲線的に受け流す性能を持ちます。またアタックポイントは傾斜がついており下方からのアッパー攻撃も可能。

左回転時は攻撃パターンが変化し、上方より相手をたたきつけるスマッシュアタックが可能。


ウェイトディスク「エイトワイド」

ステータス
攻撃力 防御力 持久力
0.5 1 3.5
重量 12.6g


ライトスピンギア

重量 4.0g

ブレードベース「SGフラットベース」

ステータス
攻撃力 防御力 持久力
3 2 1
重量 4.3g

※パーツの重量は個人計測です。

コメント

目立ったギミックや特徴は無いですが、攻撃と防御を備えたバランス型でそこそこ使いやすいです。ただ公式の説明にあるようなアッパー性能はあまり感じず、どちらかというと相手とがっつりぶつかるスパイク寄りだと思います。

似たパーツ構成で、かつアッパー特化のキッズドラグーンやマスタードラグーンがアッパーで相手のバランスを崩すのに特化しているのに対し、シーボーグ2は結構相手をダイレクトに弾き飛ばします。ただその分逆に弾き飛ばされやすい印象もありました。好みで使い分けるのが良いと思います。

対戦動画ピックアップ

第132回 ベイブレード ドランザーフレイム 因縁の対決5選!
2:40あたりからバトル開始
バーストシリーズで復活したドランザーフレイム.Y.Ztとアニメ再現バトル。鋭いアタックで攻め込む!

アニメでの活躍

爆転シュートベイブレード

第42話でワンカットのみで初登場。人造聖獣を宿したベイブレード。

世界戦・決勝大会の会場へ移動中のBBAを襲撃し、ボリスのファルボーグと共に2機がかりでマックスのドラシエルFに襲いかかり弾き飛ばした。その後ドラシエルから聖獣を吸収した。

世界戦・決勝大会ではカイのドランザーFと対戦する。1stバトル、ドランザーの猛攻を受けスタジアムの海に弾き飛ばされるが、聖獣のパワーによって水を巻き上げ津波を起こしドランザーを追い詰める。その後ドランザーのフレイムセイバ―を打ち消し先制した。2ndバトルでは自ら海中に飛び込み、再び津波を起こす。輝きを増しパワーが上がったドランザーのフレイムセイバ―を受けるものの、押し切り勝利した。バトル後、ドランザーの聖獣を吸収する。


ベイブレード紹介カテゴリの最新記事