ベイブレードバースト ランチャー全種類まとめ! おすすめの最新型も紹介

ベイブレードバースト ランチャー全種類まとめ! おすすめの最新型も紹介

りえ先輩

ベイブレードバーストのランチャーにはどんな種類があるんですか。

この記事ではそんな疑問を解決するため、ベイブレードバーストシリーズのランチャーをまとめました!

ベイブレードバーストを始めたばかりのあなたも、ぜひ自分に合うランチャーを見つけてベイブレードを楽しんでください。

ランチャーについて

ランチャーとは

紹介の前に、まずはランチャーとは何かを軽く解説します。

ランチャーとはベイブレードを回すための道具であり、ベイブレードを遊ぶ際に必ず必要なものです。

これから新しくベイブレードを始めるなら、「ベイブレード本体を買ったけどランチャーがない!」ということにならないように注意しましょう!

 

りえ先輩

コマ本体を買った後に、「ランチャーがない!買わなきゃ!」となると二度手間になってしまいますね。


ランチャーの簡単な種別

ランチャーの種類はこの後紹介しますが、その前にランチャーの大きな2つの種別を知っておきましょう。

 


ランチャーにはベイランチャーライトランチャーの2タイプがあります。

ベイランチャーはランチャーに内蔵された紐をひくタイプ、ライトランチャーは「ワインダー」という専用のギザギザしたを引き抜くタイプになっています。


回転方向の見分け方

ベイブレードバーストのランチャーは、ランチャーごとに回転方向が決まっており、例えば右回転専用のランチャーだと右回転のベイは回せますが左回転のベイは回せません。

ではどうやって見分けるのか?そんな時はランチャーの名前に注目しましょう。

 

例えば、「ベイランチャー」で考えると・・・

  • ベイランチャー → 右回転専用
  • ベイランチャーL(名前の後に左回転(LEFT)の「L」がつく) → 左回転専用
  • ベイランチャーLR(名前の後に左右(LEFT・RIGHT)の「LR」がつく) → 左右両回転に対応

といった感じになります。

結論から言うと、左右両回転対応のランチャーだとすべてのベイを回すことができるので、ランチャーを買う場合は名前の後に「LR」とついているものを買うのが一番手っ取り早いです。


ランチャーの入手法

ランチャーの入手法は様々あります。

大まかにまとめると

  • ランチャー単品
  • スターター(ベイブレード本体にランチャーが付属する商品)
  • セット商品(ベイブレード数個や、スタジアムなどがまとめて入っているセット)

があります。

状況や好みに合わせて、セットで一気に揃えるか、個別に単品で購入していくか選びましょう。

 

最新型のランチャー

カスタムベイランチャーLR

カスタムベイランチャーLR

左右両回転に対応
単品価格 990円(税込)

現在最新型のランチャーです。

コアユニット・ギアユニット・スピンユニットの3パーツで構成されるベイランチャーで、各ユニットを別タイプのや別カラーのものに付け替えることで、自分だけのランチャーをカスタムすることができます。

ランチャーを組み立てる際に、コアユニットを表裏ひっくり返すことで、右回転モードと左回転モードを選択することができます。

また、「B-191 オーバードライブSPスペシャルスターターセット」には、それぞれのユニットが強化されたフルカスタムベイランチャーLRが付属しています。

フルカスタムベイランチャーLRは、紐が通常より長いロングコアユニット、ギアが重くシュートパワーが強くなるパワーギアユニット、ベアリング内蔵でシュート時のパワーロスを防ぐベアリングスピンユニットをまとめて搭載しており、一気にカスタムベイランチャーを強化できるためオススメです。

 

ベイランチャーの種類

ベイランチャー

ベイランチャー

右回転専用
単品価格 770円(税込)

ベイブレードバーストシリーズの一番最初のベイランチャー。

バーストシリーズスタート当初は、高額セット商品の「B-08 ベイブレード スタートダッシュセット」にしか付属していない貴重品でしたが、その後は単品販売や、スターターセットの付属品としても購入できるようになり入手機会が増えていきました。

また、カラーバリエーションも豊富にあるため、ベイブレード本体の改造だけでなく、使うランチャーの色でも個性を出せるのが嬉しいポイントです。


ヘビーベイランチャー

ヘビーベイランチャー

右回転専用
「B-64 超改造セット ヘビーVer.」付属 3850円(税込)
※単品販売無し

通常のベイランチャーより紐が短い代わりに、ギアが重くなったベイランチャー。

セット商品に付属している限定ランチャーで単品販売はされていません。


スピードベイランチャー

スピードベイランチャー

右回転専用
「B-65 超改造セット スピードVer.」付属 3850円(税込)
※単品販売無し

通常のベイランチャーよりギアが軽い代わりに、紐が長くなったベイランチャー。

セット商品に付属している限定ランチャーで単品販売はされていません。


ロングベイランチャー

ロングベイランチャー

右回転専用
単品価格 825円(税込)

ベイランチャーの紐が長くなったバージョン。

紐が長くなったことで、ベイランチャーより強いシュートが撃てるようになりました。

元々は「B-123 ロングベイランチャーセット」に付属していたランチャーでしたが、のちに単品でも販売されました。


ベイランチャーL

ベイランチャーL

左回転専用
単品価格 770円(税込)

ベイブレードバースト史上初の左回転対応ランチャーです。

当時は初の左回転ベイのスターター「ロストロンギヌス」に同梱されているものでしか手に入りませんでしたが、のちに単品でも販売されました。

余談ですが、ロストロンギヌス発売当時、同時期に雑誌で左回転ベイ・ドラグーンストームの応募者全員サービスがありましたが、ドラグーンストームはベイ単品での販売になるため、回す場合は必然的にロストロンギヌスもあわせて購入する必要がありました。


ロングベイランチャーL

ロングベイランチャーL

左回転専用
単品価格 825円(税込)

ベイランチャーLの紐が長くなったことで、ベイランチャーLより強いシュートが撃てるようになったランチャー。

元々は「B-124 ロングベイランチャーLセット」の付属商品でしたが、のちに単品でも販売されました。


ベイランチャーLR

ベイランチャーLR

左右両回転に対応
単品価格 880円(税込)

左右どちらの回転にも対応できるベイランチャー。

本体についているスイッチを切り替えるだけで、簡単に右回転と左回転を切り替えできます。

また、通常のベイランチャーよりギアが重く、シュートパワーも高くなっています。


ロングベイランチャーLR

ロングベイランチャーLR

左右両回転に対応
「B129 超Zアキレス.00.Dm」付属 2200円(税込)
「B-155 マスターディアボロス.Gn」付属 2200円(税込)
※単品販売無し

ベイランチャーLRの紐が長くなったことで、より強いシュートが撃てるようになったランチャー。

単品での販売はされておらず、2018年末に発売された超Zアキレス、2019年末に発売されたマスターディアボロス、それぞれにスターターセットの付属品として収録されています。


スパーキングベイランチャー

スパーキングベイランチャー

右回転専用
単品価格 990円(税込)

紐を勢いよく引くとランチャーから火花が出る、派手なギミック付きのベイランチャー。

アニメさながらの火花散るかっこいいシュートが可能になるだけでなく、ギアの歯数も増強されており、ベイランチャーLRよりさらにシュートパワーが上がっています。


スパーキングベイランチャーL

スパーキングベイランチャーL

左回転専用
単品価格 990円(税込)

スパーキングベイランチャーの左回転版。

スパーキングベイランチャーと同じく、紐を強く引くとランチャーから火花が出ます。

スパーキングベイランチャーシリーズには両回転対応のものがないため、スパーキングベイランチャーで左右回転それぞれのベイを回したい場合は、スパーキングベイランチャーとスパーキングベイランチャーLの両方を購入する必要があります。


ロングスパーキングベイランチャー・ロングスパーキングベイランチャーL

ロングスパーキングベイランチャー&ロングスパーキングベイランチャーL

ロングスパーキングベイランチャーは右回転専用
ロングスパーキングベイランチャーLは左回転専用
「B-174 ベイブレード 限界突破DXセット」付属 7480円(税込)
※単品販売無し

スパーキングベイランチャー・スパーキングベイランチャーLの紐が長くなったことで、より強いシュートが撃てるようになったランチャー。

ベイやスタジアムもまとめて入っているDXセットの付属品として入っているのみで、単品販売はされていません。

 

ライトランチャーの種類

ライトランチャー

ライトランチャー(ロングワインダーの場合)

右回転専用
単品価格 660円(税込)

基本タイプのライトランチャー。

バースト史上初のライトランチャーであり、バーストシリーズスタート時のスターターセットにもこのライトランチャーが付属していました。それ以降も、ちょくちょくスターターセットに入っていることがあります。

また、ワインダーには、通常の長さのワインダー・少し長くなった「ロングワインダー」・ロングワインダーよりさらに長くなった「フェニックスワインダー」の3タイプがあり、ワインダーが長くなるほど強いシュートが撃ちやすくなります。

ロングワインダーは「B-45 ライトランチャー&ロングワインダー」他、フェニックスワインダーは「B-117 リヴァイブフェニックス.10.Fr」に収録されています。


ライトランチャーL

ライトランチャーL

左回転専用
単品価格 550円(税込)

ライトランチャーの左回転対応版のランチャー。


ライトランチャーLR

ライトランチャーLR

左右両回転に対応
単品価格 770円(税込)

左右どちらの回転にも対応したライトランチャー。

ランチャー本体に穴が2カ所あり、専用のワインダーを差し込む位置によって右回転と左回転を選択できます。

また、ワインダーには通常のワインダーと、通常より長い「ドラゴンワインダー」があります。

ドラゴンワインダーは、「B-133 エースドラゴン.St.Ch 斬」や「B-145 ベノムディアボロス.Vn.Bl」などに付属しています。

 

その他のランチャー

プロトランチャー/エントリーランチャー

エントリーランチャー

右回転専用
「B-73 ゴッドヴァルキリー.6V.Rb」付属 1540円(税込)他
※単品販売無し

初心者向けの簡易ランチャーで、持ち運びやすい代わりにパワーが弱く、グリップなどのツールを取り付けることができません。

最初はプロトランチャーという名称でしたが、のちに少しデザインがリニューアルされてエントリーランチャーになりました。

ゴッドレイヤー~超Zレイヤーあたりの時期の、右回転ベイのスターターセットに付属品として付き始めます。


エントリーランチャーL

エントリーランチャーL

左回転専用
「B-79ドレインファブニル.8.Nt」付属 1430円(税込)他
※単品販売無し

エントリーランチャーの左回転版。

ゴッドレイヤー~超Zレイヤーあたりの時期の左回転スターターベイに付属しています。


ソードランチャー

ソードランチャー

右回転専用
単品価格 715円(税込)

剣のようなデザインの専用ワインダーと、鞘のような細長いランチャー。ランチャー全体が細長いことにより、通常のランチャーより握りやすくなっています。

また、剣型のワインダーは表裏をひっくり返してランチャーに差し込むことが可能で、差し込む向きによってノーマルモードとパワーモードを選択できます。

エクスカリバーをイメージしたランチャーで、元々は「B-48 ゼノエクスカリバー.M.I」に付属していたランチャーですが、のちに色違いで単品でも販売されました。


デジタルソードランチャー

デジタルソードランチャー

左右両回転に対応
単品価格 3300円(税込)

内部にメカが搭載された高額ランチャー。

ワインダーを引いた際に、内部のメカがシュートパワーを測定し、自分のシュートパワーをその場で数値化することができます。

また、ライトランチャーLR同様に、ワインダーを差し込む位置によって右回転と左回転を切り替えることができます。

なお、破損しやすいという報告が多く上がっており、公式からも、シュート時に負荷がかかる偏重心ベイなどには使わないように推奨されています。そのせいで、元々エクスカリバーをイメージしたランチャーであるにもかかわらず、同時発売のジークエクスカリバーが偏重心ベイだったため公式で非推奨の組み合わせになってしまうという、残念な結果になっています。

 

オススメはどれ?

おすすめは、カスタムベイランチャーLRです。

オススメの理由

  • シュートパワーが高い
  • 1個で左右両回転が可能
  • 最新型のため入手しやすい
  • ランチャーを分解できるので、破損した場合も部品取りに使える

スパーキングベイランチャーもパワーは申し分ないのですが、カスタムベイランチャーと比べると古いので入手が面倒なことや、両回転がないため右回転用と左回転用で二つ買わなければならなかったり不便な点も多いです。

また、ベイブレードのランチャーは消耗品であり、使い方にもよりますが、使っているうちに壊れてしまうこともあります。

しかしカスタムベイランチャーであればランチャーが3パーツ構成のため、どれかが破損しても無事なパーツを保管しておいて、他のカスタムベイランチャーの予備用のパーツとして使うこともできます。

カスタムベイランチャー以外のランチャーだと破損した場合、ランチャー自体を分解して内部のギアを取り外して無事な部分だけを抜き取ったり・・・ということもできるのですが正直めんどくさいです。

なので、手に入りやすさや使いやすさといった総合面を考えると、最新のカスタムベイランチャーLRがもっともオススメのランチャーとなります。

これからベイを始めたい、あるいは昔やっていてまた復帰したい!と考えているのであれば、ぜひ最新のランチャーを楽しんでみてください。


歴代まとめカテゴリの最新記事